認知症予防に期待できるおすすめアロマの香り5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_411449017

アロマテラピーは日本語で芳香療法・香料治療といい植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法で近年認知症予防に使用されています。

不安やストレスを抱えやすい認知症の方とその家族におすすめの香りを厳選しました。香りを嗅いで体と心を癒す感覚療法・リラクセーション法を家庭に取り入れる参考になります。

1.ラベンダー&オレンジスイート|睡眠の質を良くする

認知症と睡眠の関係はかなり深い理由

blendessentialoil_yoru_11sq

夜寝るときに真正ラベンダーとオレンジスイートの精油を2対1でブレンドしたものを嗅ぎながら寝りにつきます。不安を軽く 興奮気味の時は、安心へ導いてくれるので睡眠の質をよくし、寝起きもよくなります。

  • 気持ちをほっこり優しくしてくれる
  • 鎮静作用
  • 気持ちがリラックスして眠りを促す安眠作用がある

十分に眠れないと、脳にアミロイドβという物質が蓄積され、アルツハイマー型認知症を引き起こすことがわかっています。睡眠不足・睡眠の質が悪いは認知症の症状を悪化させる危険の高い行為です。まして徹夜など一晩で一気に増加してしまいます。

睡眠をしっかりとると、朝スッキリ目覚めることができます。気分を上げることだけでなく、脳からの老廃物を排出することが大切な作業も眠っている間に行われています。

おすすめのアロマアイテム|100%天然の精油

スクリーンショット 2016-08-18 15.26.30

アロマランプ、アロマディフューザーなどの芳香器や、ティッシュやコットンに直接垂らして香りを楽しめます。

公式サイト

2.ローズマリー&レモン|集中力補佐

認知症でのぼんやりを解消できる柑橘系の香り

スクリーンショット 2016-08-18 15.31.21

集中力補佐ができて神経を刺激して頭をシャキッとさせる働きのある精油です。日中の活動時間内に香りをかぐことで効果を期待できます。

記憶を司る脳の期間で年をとるにつれて縮小していく海馬に届き、知的活動をサポート。鬱になりがちなメンタル面に最適です。

おすすめのアロマアイテム|100%天然の精油

スクリーンショット 2016-08-18 15.37.58

心身のリズムを整える香りです。ローズマリー&レモン(朝用)は目覚めをスッキリとさせたい方におすすめ。

アロマペンダントに入れて使ったり、市販のアロマオイル専用機械を使ったり、不織布もしくは綿などに染み込ませて使ったりさまざまな形で使用可能です。

公式サイト

3.イリス|老化防止

スクリーンショット 2016-08-18 15.46.30

イリスはフローラルな香りで老化防止やシミ・ソバカス・咳止め・心をリラックスしたい時におすすめの香りです。精油を抽出するまで時間がかかり、また、少量しか採取できないため、高価な精油となっています。

イロンという香料が含まれていることから、香水や化粧品の香りづけのとして利用されています。現在では、身体への効能が期待されている精油です。

スクリーンショット 2016-08-18 15.48.01

ダークフローラルな大人の香り。

パラフィンワックスやジェルワックス、ソイワックス等幅広いワックスにお使い頂ける万能なアロマオイルです。
エッセンシャルオイルに比べ香りの変化や飛びが少なく、キャンドル制作にとても使いやすい事が特徴です。

4.ウインターグリーン(冬緑油)|腰痛・肩こりに

スクリーンショット 2016-08-18 15.49.59

清涼感を感じる香りで、要成分であるサリチル酸メチルが全体の96%以上を占めており、リウマチや関節炎、筋肉痛、腰痛、肩こりなどに効果が期待できます。 

古くからアメリカの先住民であるインディアン達が、薬草として使用していた歴史のある植物です。薬草学や民族的伝統では主に腰痛、筋肉痛、神経痛、関節炎、リウマチの症状に使われますが、そのほか、呼吸器系の症状にも使われています。

スクリーンショット 2016-08-18 15.53.16

わずかに甘さを含むメントール系のスッキリとした強い香り。
目が覚めるような強い香りは眠気覚ましにも最適。
筋肉や関節、腱に対する効果は絶大です。

公式サイト

5.ラベンサラ|免疫強化

スクリーンショット 2016-08-18 15.56.26

ユーカリに似た自然界の香り精神的ダメージや不眠、不安などに。効果的で免疫力強化・
傷のケアに優れた効果を発揮します。

作用が穏やかで、子供や高齢者にも安心して使えます。優れた特性、幅広い用途から、今後の利用はますます広がっていくと予想されます。

スクリーンショット 2016-08-18 15.58.11

・芳香浴に使用できます。
・お風呂に使用できます。
・ベースオイルで希釈してマッサージに使用できます。

公式サイト

アロマと認知症の研究の結果、嗅神経を刺激すれば海馬の機能が回復する事がかわっています。重度の認知症患者の症状を改善。いまだ太刀打ちできなかった病状の治療方法として、メディカルアロマセラピーは、嗅覚のメカニズムや最先端の臨床も数多く発表されています。

p1_01_1_pct

6.アロマを使うメリット

天然100%のアロマなら人体の影響もないので、薬や漢方よりも気軽に使用できます。

  • お風呂に入れる
  • マッサージオイルとしてつかう
  • 寝室にデュフューザー(基本タイマー式)をセット

香りでのリラックス効果はかなり期待できます。金額も1000円〜で複数回使用できるし、火を使わない加湿器タイプなら電気代も月に100円程度で安全性も高いのでおすすめです。オーガニックのものをしっかり選びましょう。

7.まとめ

香りは人の潜在意識まで届くと言われ香りによって記憶の引き出しを開ける事は認知症でなくてもありますよ。安全性も高く記憶との関係が濃厚の香り医療を取り入れないわけにいかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます