暴飲暴食以外にもある?痛風の発病につながる8つの原因行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_196237826

尿酸値が7.0以上の方は痛風発病を気にします。特にビール好きには懸念理由の一つですが、痛風への発病原因は暴飲暴食以外にもあるんです。

このページでは、痛風の原因から改善方法を解説します。

痛風を発病してしまうと改善にはかなりの時間をようしますし、発病してしまうほどの生活習慣の乱れを正していくには精神的なところから矯正していくのが必要で、体にくせが染みついている人にはかなり過酷なこともあります。

痛風の原因を知ることですこしでも予防し発病のリスクを減らすことができます。

1.痛風になってしまう8つの原因行動

「痛風になってしまう原因はなんだろう?」ビールの飲みすぎ以外にある原因を解説していきます。

①30代になって15kg以上体重が増えた

stock-illustration-62819772-overweight-man-on-scale

誰でも加齢で太ってしまうが、15kg以上太るのは健康に負担をかけています。20歳の時から体重はプラス10kgまでがギリギリの基準で、それまでに体重の調節には本気になった方がいいです。

痛風はもちろん、それ以外の病気の先手必勝になります、現在より太らないように早めに対策を立てることが大切です。

②ダメとわかっていてもやめられない食べ物がある

普段食事にストイックになっている方でも『やめられない食べ物』はあるもの、特にラーメン・揚げ物・ファーストフード・スナック菓子・ビールなどが特に人気です。

高脂質で高カロリーな食品がズラリ。とくに動物性脂肪は脳内で快楽を誘発して存在しやすい食べ物なので頻繁に食べるのは注意が必要です。

  • ラーメン|大盛りや替え玉を控えスープを残す
  • 揚げ物|朝や昼に食べて日中に燃焼
  • ファーストフード|月に数回・年に数回と回数を意識
  • スナック菓子|買い置きをしないようにする
  • ビール|ワインや焼酎に変える

全く食べるとを辞めることを決意するとストレスや利便性を欠いてしますので、控えることができる程度に収めておきましょう。

アルコールは痛風のリスクを高めるが、特にビールは最もリスクが高く、蒸留酒は少し高く、ワインは飲んでも痛風のリスクを高めません。

③食べるスピードが早い

07_px450

出典:日経トレンディ

食事を摂ると空腹ホルモンのグレリンの分泌が抑えられるが、早食いだとその分泌抑制が起こる前に食べ過ぎてしまうため、脂肪をためこみやすいです。よく噛んで、一口ごとに箸をおいてもいいぐらいです。肥満脱出の第一歩になります。

さらには夕食の時間が遅くなることで食べてすぐ寝ると肥満しやすい、自分の夕食後のパターンはどうなのか思い出してみてほしい、夜9時までに食事を終えて、4時間以上開けてから寝る優等生かどうか。

もちろんそれでも太っているという人なら夕食の中身と食べるスピードを吟味してカロリーも低くすることも必要です。

④食事や運動より心が痛風への発病を加速させている

images

ダメとわかっていても食欲や行動を司るのは自分の心です。勘違いのダイエット方法や思い込みが激しいと予防が逆効果ということもあります。メンタルとうまく付き合っていくことが大切なポイントです。

勘違いしやすいポイントとは、

  • プリン体を気にして朝食を抜いてる
  • 昼も夜も寝ずに働いているのでカロリーは消費しているはずだ
  • 「太るから食べない」とにかく食べないことでカロリー制限している
  • 空腹を我慢していることでダイエットしている

体重を気にしている方がよく勘違いしがちな点です、痛風を発病する方は肥満な方が多く9割以上が男性です。重視するべきは血糖値。空腹を感じた状態で急に食事を食べると血糖値が急に上がり、肥満を解消できない原因の一つ。

血中のプリン体を排出にも悪影響です。

⑤食事を変えても睡眠時間を変えていない

睡眠が崩れると太るステップが加速し血中の尿酸値も減らすことが難しくなってきます。過度なダイエットをしすぎて空腹で眠れないダイエット不眠。

ダイエットや過剰労働によって睡眠の量や質が低下すると体型の変化は初めはあっても徐々に痩せにくい体質になってしまいます。

不眠が続くことで食事の自己制御がきかなくなり逆に太ってしまうケースは珍しくありません。夜間は脂肪合成を促すピーマル1というタンパク質が増加するので、深夜に食べたら太りやすくなるわけです。

寝る前に満腹になることは血糖値が上がり眠りにつくことができるのだが、視床下部のリズムが狂ってしまうのがよくありません。視床下部は脳内のあるさくらんぼくらいの小さい部分で、そこには食欲中枢や睡眠の中枢が同居しています。

ch19-bodyheat-sleepthythm

出典:眠りのプロショップ

1日の体のリズムをサーカディアンリズムといいますが、夜中に少量でもものを食べることで睡眠と食欲のリズムが乱れ、このサーカディアンリズムが狂います。こうして疲れが取れない、寝起きがスッキリしないよく眠れないといったストレスがたまり食欲のバランスによくありません。

⑥コスパがいいから大盛り店や飲み放題店へ行く

スクリーンショット 2016-05-18 15.10.59

ランチタイムは大盛り無料、麺類はもれなくご飯をサービス、替え玉無料、飲み会は必ず飲み放題店を重視。なかなか痩せれないタイプは、そんな気前がよくてコスパ抜群のお店を好んでいる傾向にあります。

食べ過ぎはダメだと頭でわかっているのにお店に入ると「せっかくだから」といって大盛りや無料のご飯を頼んでいる。だいたい糖質が高い場合はが多く、糖質を一度にたくさん摂ると血糖値が上がりすぎ、膵臓から血糖値を下げるインスリンというホルモンが大量分泌されます。

体脂肪の合成を促す肥満ホルモンの分泌が促され当然太ってしまします、尿酸値や肥満を気にしなくてはならない時のお店選びの基準を変更しましょう。コスパが多少悪くても、小鉢類が充実していてご飯を丼ではなく普通のお茶碗で出してくれるお店をチョイス。

⑦鶏肉OK魚卵はNGの噂を信じている

スクリーンショット 2016-05-18 15.37.08

ヘルシーでいくら食べてもOKな食材として鶏肉をあげる人は少なくなく、魚卵にはプリン体が多いといくらやウニなんかを避けている人は少なくありません。

さらに、鶏肉だけ食べていれば痩せるというわけでもありません。これまで牛肉を食べてきた人にとって「鶏肉にしたから大丈夫」鶏肉を摂取することによって安心しがちです。

しかし、ヘルシーと言われているササミはプリン体が多い食材。逆にいくらやウニはそれほどではない。こういった噂の真相をしっかりしておくことは大切で、だからと言ってプリン体が少ないから大量に食べても大丈夫というわけではない。

糖質と脂質を全体的に減らしてカロリーをダウン、その上でプリン体の摂取を控えることが大切です。

プリン体の多い食べものはこちらでより解説しています。

大量摂取に気をつけよう!プリン体の多い食べ物ランキング10選

⑧濃い味で食欲を満たしている

スクリーンショット 2016-05-27 18.36.22

子供の頃は苦いもの・酸っぱいものが苦手です。大人になると、苦味を感じるビールや酒の肴も美味しいと思うようになっていいきます。

これと同じように、味覚は食生活と経験で作り上げられていきますが、太っている人に限っては、塩辛くて脂っこいものを混んでいる方がほとんどで、濃い味付けにあわせて白米を食べて主食を食べ過ぎるという太る原因になっています。

関東・関西出身でも味覚はちがうように、大人になってから薄味にして食べ過ぎや飲み過ぎえを回避することはできます。薄味にすることで食材のおいしさに改めて気づけることもあり

暴食が抑えられ食生活を改善しやすくなります。

2.痛風は尿酸塩結晶が関節にたまり炎症を起こすことが原因

o0581045512593255656

食べ物から摂取されたプリン体は消化器官から腎臓をとおり尿酸に変化、取すぎた尿酸は血液と一緒に体の仲をめぐり、ナトリウムと結合することによって、尿酸塩結晶に変化。関節部分にたまっていきます。

尿酸塩結晶は発作性の関節炎。画像でもみてもとげとげとしていて攻撃性を感じますよね。これが痛風の痛みの直接的な原因にはなっています。発症時は、関節が赤く腫れ上がり2日間〜3日間は激しい痛みを生じ、我慢することが難しいほどの激痛です。痛み止めで痛みを止めるか1週間程度で痛みは治まりますが、その後、血清尿酸値を適正に下げる治療をし尿酸値を下げないと必ずまた再発を繰り返すのです。

尿酸塩結晶がたまりやすい部位

  • 足の親指の付け根
  • 指の関節
  • アキレス腱

3.痛風発病の治療スケジュール 例

スクリーンショット 2016-05-30 11.28.46

尿酸値が7.0以上を改善されずに数年後痛風は発病します。発病1日目は非常に痛みが強く、2日〜3日は激痛が続きます。耐えられる痛みではないので内科への診断をしてもらってください。痛み止めや炎症を抑える薬が処方されます。

  • コルヒチン…前兆期はムズムズ・ぴりぴりする何と無く違和感があるといった症状なので大きな痛みを予防してくれる薬です。
  • 鎮痛剤…痛みを回避する鎮痛剤を処方されます。副作用に注意して服用しましょう。

痛風を発症すると薬でその痛みを抑えることができますが、直接的な改善ではありません。長い時間をかけて体の中の尿酸値を下げる必要があり、まずは肥満を解消することが第一歩であると理解しておきましょう。

4.まとめ

プリン体はお肉・野菜全ての食材に含まれており、一定の量ならば体の中には必要な物質です。高プリン体の食品を毎日食べないようにしましょう。すでに尿酸値が高いという方は血液中の尿酸値を下げることを意識して水を普段から飲むようにすることがポイントです。よく知られていませんが、激しい運動などで汗をかいて血液の濃度が濃くなるのも良くありません。痛風の発病を防ぐには正しい知識が大切になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます