青汁はどんな効果を期待できる?目的別青汁の栄養素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_154487903

青汁の人気は豊富な栄養素から健康の補助を高く期待できるところにあります。『どんな風に体にいいの?』『選び方がわからない』という声も多いです。そんな声にお応えして青汁にはどんな効果を期待できるのかをまとめました。

自分ではうまくできない体の不調を整えたい人の『体にいいこと』としておすすめしたいのが青汁です。ロングセラー商品も多く愛飲者もいる人気の秘密はやはり予防医学も進める効果への期待ですよね。薬が必要になる前に健康的な青汁で強い体がつくれたらいいな。と考えている人は少なくありません。

青汁に使用される主な野菜は7種類で、ケール・明日葉・大麦若葉・ヨモギ・クマザサ・長命草・クロレラが使用されることが多く、それぞれ栄養特徴も違うので主な健康補助機能も紹介していきます。これでもう青汁選びには迷いませんよ!

1.青汁に含まれる主な18種類の栄養素

健康要素がいっぱいの青汁ですが、どういった人に特におすすめの効果が期待できるのか、青汁に含まれる栄養素を紹介しましょう。※順序不動

  1. 食物繊維
  2. カルシウム
  3. 亜鉛
  4. ナトリウム
  5. タンパク質
  6. 脂質
  7. 糖分
  8. クロロフィル
  9. グルコシルイソビテキン
  10. カリウム
  11. マグネシウム
  12. SOD酵素
  13. ベータカロチン
  14. ビタミンB1
  15. ビタミンB2
  16. ビタミンC
  17. ビタミンE

その中でも良く豊富に含まれている栄養素は、食物繊維・ビタミンC・ベータカロチン・カリウム・カルシウムです。これだけの栄養素を食事で同時に摂取することはかなり難しく、人によっては不可能に近い人も少なくないでしょう。

青汁の人気の秘密は豊富な栄養素に期待が集まっていることは確かですね。

2.青汁に使用される人気の原料3種類

青汁に使用される人気の原料を3種類に厳選し、それぞれにどんな効果を期待できるのか紹介していきましょう。

青汁原料①ケール|鉄分をはじめ貧血改善を期待できる成分がたっぷり!

ケールは、アブラナ科の野菜で人気の青汁の原料です。野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高いが、調理方法を知らないという人が多く、一般のスーパーではあまり流通していないようです。

ケールは青汁で摂取するのが最も理想なんです。ケールで期待できる主な栄養素を見ていきましょう。

  • 鉄分|ほうれん草や小松菜の約4倍貧血改善が期待できる
  • ビタミンC|ビタミンCは鉄分の吸収を促す
  • 葉酸成分|赤血球の生成を促進
  • ビタミンB12|悪性の貧血を予防————等

ビタミンCと葉酸は熱に弱い成分ですので、ケールを茹でたり炒めたりせず絞っただけの青汁は最強の飲み物。

ケールの割合のおおい青汁貧血特有の症状を和らげることに期待が持てそうです!

青汁原料②大麦若葉|免疫力向上へのアプローチ!ミネラルもたっぷり!

大麦若葉=青汁のイメージがあるひとは少なくありません。青汁の代名詞ともいえる原料は、生活習慣病の予防としてお医者さんも進める野菜です。大麦若葉に含まれる栄養素を紹介しましょう。

  • SOD酵素|抗酸化作用をもつ酵素の一種
  • カルシウム|骨密度の向上に期待がもてる
  • |血流改善の期待がもてる
  • 亜鉛|酵素の働きの活性化、血糖値を下げて血液をサラサラにしてくれる期待が持てる
  • カリウム|体内のナトリウム濃度を調節
  • マグネシウム|生理痛の腹痛の原因になるプロスタグランジンをコントロールする働きに期待がもてる
  • ミネラル類
  • β-カロテン
  • ビタミンB1
  • ビタミンC
  • 食物繊維|腸の働き向上に期待が持てる———等

大麦若葉が特に多く含むSOD酵素は、強力な抗酸化作用を持つ酵素の一種です。人間の体内に備わった防御システムとして活躍し、サビつきの原因である活性酸素を除去することで、健康維持に役立っています。SOD酵素は食事では摂取するのが難しいため、健康食品で摂取するのがおすすめです。

大麦若葉の割合の多い青汁花粉症・アレルギーへアプローチが期待できそうです。

花粉症やアレルギーの辛い症状を抑えるためにはステロイドなどの副作用も強い薬を飲む場合が多いので大麦若葉で代用できるなら体のためにもうれしいですよね。

青汁原料③明日葉|野菜界最強のビタミン含有量!アルツハイマー予防へ期待も

明日葉(あしたば)は日本の原産で、主に太平洋岸で収穫できます。味にくせがあるので産地ではよく天婦羅に調理して振る舞われます。現在の市場の流通9割は健康食品で使われます。

  • ビタミン|明日葉のビタミンはケールの約2倍
  • ミネラル|体内の酵素反応に欠かせない
  • 食物繊維|肥満予防の期待がもてる
  • ポリフェノール|ファイトケミカル・カルコンが豊富———等

明日葉にはビタミンB12を除く全てのビタミンB群が含まれます。特にビタミンB2の含有量は多く数ある野菜の中でも、ダントツ。明日葉のファイトケミカルのカルコンは白内障などの糖尿病による合併症の発症を防ぐ効果が期待されています。

明日葉を多く含む青汁は医食品にも期待が高まっており、

  • 糖尿病の予防
  • アルツハイマーの予防
  • 便秘
  • 冷え性
  • セルライト
  • 血液サラサラ
  • 高血圧
  • 骨粗しょう症 ———-等

多くの予防に期待が持てそうです。

3.青汁の原料で飲み分け!体の不調に直接アプローチする方法

青汁に使用される原料から、期待できる効果が違いましたね。では、症状からおすすめの主な青汁の原料を紹介していきましょう。不調の悩みに直接アプローチすることができますよ。

太りにくくなりたい人におすすめの青汁

ダイエットを目指したい人の青汁へ期待したい効果は主に5つです。

  • 便秘解消
  • セルライト
  • むくみ
  • 美肌
  • 栄養素のバランス

特におすすめの青汁の原料は、

  • 大麦若葉の青汁

食前に飲むことで空腹感が感じにくくなる・余計な甘味料が入っていない青汁を選ぶことが重要です。

野菜不足解消したい人におすすめの青汁

野菜不足解消を目指したい人の青汁へ期待したい効果は主に5つです。

  • 豊富な栄養素
  • 食事では不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維
  • 血液サラサラ
  • 動脈硬化
  • 高血圧

特におすすめの青汁の原料は、

  • ケールの青汁
  • 大麦若菜の青汁

原料100 %・有機野菜であるとさらに良いです・食品添加物が含まれていない青汁を選ぶことが重要です。

花粉症・アレルギー症状を改善に期待したい人におすすめの青汁

アレルギー症状を和らげたい人の青汁へ期待したい効果は主に3つです。

  • 抵抗力と免疫力の向上
  • アレルギー症状の和らげ
  • 疲労回復

特におすすめの青汁の原料は、

  • 明日葉の青汁
  • 大麦若葉の青汁

毎日飲み続けやすい味・値段服用している薬との飲み合わせを医師に相談してください。

4.しぼりたてから錠剤まで青汁の4つの種類

青汁は5つの製法で摂取することができます。飲みやすさ・継続しやすさを重点に生活の中に取り入れやすいものを選んでいくことが健康ライフへの切符になります。

①手作り・しぼりたてジュースタイプ

日頃から健康志向の人におすすめです、青汁の原料を低速ジューサーの低速圧縮の絞り方式で素材をしっかり絞りきれ、栄養素もふんだんに取り入れることができますね。

バナナ・レモン・豆乳なんかも混ぜて好みの味に変えられるのも嬉しいですよね。

耐熱性の密封できるドリンクボトルやスープジャーにいれて持ち歩けば、水分補給感覚で飲むことができ手軽に摂取できそうですね。

青汁スタンド』なる専門店で絞りたてを気軽に飲むこともできます。(1杯260円〜)

②粉末(フリーズドライ)タイプ

青汁を粉末状にしたものは、青臭さがなかったり、調理にも併用しやすいのが利点です。賞味期限も2年以上のものもあり、お得な金額で購入できれば経済的でうれしいですよね。

粉末タイプは水やお湯で溶かせばすぐに飲むことが出来ます。ポーションでのスティック梱包のものなら、持ち運びも便利で、外出先でも手軽に青汁を飲むことができますよね。

健康食品としては粉末タイプがその手軽さから人気で、いろいろな味やメーカーのものを試すことができますよ。

③冷凍タイプ

冷凍タイプの青汁は、ジュース状にした青汁を急速でフリーズ加工したものなのです。

新鮮なままの青汁をすぐに冷凍しており、鮮度が保たれています。栄養価もとても高いです。飲むときは電子レンジで解凍したり、水やお湯で解凍したり自然解凍して飲みます。絞りたてのフレッシュな味わいが楽しめます。

味に好みが分かれるといった口コミが多かったので、飲みやすく自分でアレンジするか、試飲で味を確かめてからの購入がお勧めですよ。

④錠剤タイプ

サプリメントのように青汁を固めて錠剤にしたものです。手軽に青汁を摂りたいときに摂取でき、持ち運ぶことも簡単です。一気に水で飲み込めば青汁の味をそれほど口で実感しなくても済み、青汁の味が苦手な人には錠剤タイプがおすすめです。

5.やっぱり高い方がいい?値段でみる青汁の違い

『やっぱり高い方がいい?』いいえ、そんなことありません。さらに、青汁選びに重要なポイントを値段からみて紹介しておきましょう。

健康食品の価格設定とは?

青汁はドラックストアで見かけるものは比較的リーズナブルに感じますが、通販サイトでは高価な高級青汁が販売していたりしますよね。値段の違いからつい高額なものには、よりその効果を期待しがちです。

青汁の価格設定に関係してくる項目を挙げていきましょう。

  • 広告・宣伝費
  • 物流費
  • 工場などの管理費・生産工程費
  • 開発費

もっとも経費を割いてくるのは、広告・宣伝費です。だが、広告をたくさん打っているからといって品質の良し悪しを測ることはけしてできません。

広告費を出せるほど、経費を運営でき、なおかつ知名度を高めたい信頼度を獲得したい・良い商品を世に広めたいなど、買う側にってもうれしい目的も少なくないのです。

特にTVショッピングは広告費の金額が格段に違います、それほど人気の高い商品・世の中に求められている商品であり企業側の自信もみることが予測できます。

『雑誌広告・動画広告を見たことがない』商品なのに高額の場合は、物流か工場の生産工程が独自のものだったりする場合もあります。大量生産しないことでの価値もそこにはあるのです。

みるべきは原料・生産地

青汁に限らず、健康食品に置いて購入するときに重要なことは『原料・その生産地』です、やはり国産の野菜を使用している場合と輸入の原料を使用してる場合はあります。

体に入れるものですので、明確に知りたい方は、健康食品の生産元のカスタマーが必ず設けられているので電話して聞くことが可能ですよ。お問い合わせ先が表記されていない場合は、購入をやめてもいいかもしれないですね。

結局は理想的な味であるかどうか

生産工程もバッチリ信頼できて、安心できそうな青汁。でも味がとっても自分には合わないとしたら、飲み続けるのがつらいですし、途中でやめてしまう可能性も高いですよね。

それがもし、奮発して買ったちょっと高いものだったら、損をした気分にさえなって、青汁自体を嫌煙してしまうかもしれません。

まず、青汁選びには飲み続けられる理想的な味であるかどうか、をしっかりと確認することをおすすめします。

ケール・大麦若葉・明日葉の栄養素を取り入れるには青汁は最強理想な手段です。最近は飲みやすいものがおおくフルーツ青汁なんかがランキングにあり、ニューヨークでは小麦若菜なる青汁が、二日酔いの次の日にショットグラスで飲むなんて健康ブームがおきています。青汁人気はまだまだ続きそうですね。

6.青汁商品ガイド

まだまだ根強い人気のある青汁は、人によって好みが分かれます。主要メーカー価格帯を比較してみました。

スクリーンショット 2015-12-22 15.09.30

青汁の価格とかおりのマッピングで購入時の目安にしてみてください。青汁製品はパッケージのキャッチフレーズだけでは味はわかりません、初回限定価格をかなり安く設定している商品はが多いのでうまく利用するととってもお得です。

7.本当におすすめできる青汁ベスト5

実際に試した青汁の中でおすすめの青汁を5つご紹介します。こちらは比較表です。

青汁比較表

第1位 サントリー 極の青汁(粉末タイプ)

極の青汁

サントリー 極の青汁の他社にはない特徴

1億杯を突破した、『飲みやすい!』の口コミが数多く見られる製品。機能性の特徴としては『体に届く』をコンセプトにした吸収力にこだわりのあるところ。吸収力にこだわって、野菜の力を引き出すサントリー独自のケルセチンプラスが配合されています。

主な原材料 大麦若葉・明日葉
特徴 1億杯突破

そのままでも飲みやすいですが、牛乳や豆乳に混ぜ、抹茶ラテのようにして、食後のコーヒー代わりに飲むと最高です。美味しくて継続しやすいので、挫折した経験がある方でもこれなら続けられるはずです。

サントリー 極の青汁の価格ステータス

  定期購入 初回価格30包 お徳用90包
価格 30包 3,499円(税込)
90包 8,748円(税込)
3,888円(税込) 9,720円(税込)

1日あたり

30包 116.6円
90包 97.2円
129.6円 108円

第2位 えがおの青汁満菜(粉末タイプ)

えがおの青汁満菜

えがおの青汁満載の他社にはない特徴

黒酢・ブルーベリーの健康食品でも有名なえがお製品の青汁は、とにかくファンサービスが素晴らしい製品だと評判です。愛飲者の事をとことん考えたサービスを受ける事が特徴の1つでしょう。

主な原材料 大麦若葉・長命草・10種類の有機原料
特徴 経済産業省 実用新案取得

えがおの青汁満載の価格ステータス

  定期購入 通常 3か月に1度3箱
価格 2,786円(税込) 3,240円(税込) 2,656円(税込)

1日あたり

89.8円 104.5円 85.6円

第3位 サンスター粉末青汁(粉末タイプ)

DSC06154

粉末青汁の他社にはない特徴

サンスター粉末青汁の他社にない特徴は、つなぎを一切使わない製法で無添加の製品であることです。国産野菜100%使用で濃い青汁を感じられる味わいも特徴の1つです。

主な原材料 国産野菜5種類
特徴 添加物なしの無添加

>> サンスター粉末青汁の解説ページへ

粉末青汁満載の価格ステータス

  定期購入 通常
価格 4,374(税込) 4,860(税込)
1日あたり 145.8円 162円
 

第4位 ステラの贅沢青汁(錠剤タイプ)

ステラの贅沢青汁

贅沢青汁の他社にはない特徴

6大栄養素が1粒にぎゅっと凝縮されています。17種類のビタミン・7種類のミネラル・18種類のアミノ酸・食物繊維・葉緑素・を一度に摂取できてしまうのが特徴です。

主な原材料 クロレラ・長命草・ケール
特徴 25万袋突破

>> ステラの贅沢青汁の解説ページへ

贅沢青汁の価格ステータス

  定期購入 1袋コース 定期購入 2袋コース 通常
価格 初回のみ980円(税込)
*翌月以降3,073円(税込)

初回のみ1,960円(税込)
*翌月以降5,840円(税込)

5,122円(税込)

1日あたり

102.4円 97.3円 170.7円
 

第5位 酵素青汁111選(錠剤タイプ)

酵素青汁111選

酵素青汁111選の他社にはない特徴

初回の1袋60粒入りが、送料のみ500円なので実質無料でスタートできるのは、他社にはない価格設定です。(定期には4回縛りがあります)目安に飲むのも1日たった2粒というのが、酵素青汁ならではです。

主な原材料 モリンガ・酵素・他5素材
特徴 モンドセレクション 2014年金賞受賞

>> 酵素青汁111選の解説ページへ

酵素青汁111選の価格ステータス

  定期購入 通常
価格 初回のみ0円
*翌月以降3,300円(税込)
4,200(税込)
1日あたり 110円 140円
 

8.まとめ

なかなか食事だけでは摂取しにくい栄養素は青汁でとっていくのが理想的です。青汁は栄養補助食品に分類されますが、体の不調の改善への期待や予防のサポートにはとっても心強いですよ。自分にぴったりな味を見つけられれば健康ライフの促進にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます