《早退したい》耳鳴りが止まらない症状のよくある理由6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スクリーンショット 2016-08-12 15.49.53

『早退したい』と思うほどひどい耳鳴りに襲われる時ありますよね。耳鳴り程度では早退させてくれなさそうだなと感じるほど。耳鳴りとはかなり理解されにくい曖昧な症状なのです。なぜ曖昧なのかというと病気との直接的な結びつきを診断することができないのが事実としてあります。耳鳴り調査では約9割の大人が耳鳴りを感じたことがあるという結果がでています。このページでは耳鳴りを感じやすい理由をまとめましたので自分の症状と合わせて対処方法を理解しておきましょう。

TOP画像出典:アンメート結果

耳鳴り理由①ライブで爆音量を聴いた後

large-6

ライブに行った後に耳鳴りが止まらない!といった症状の口コミが多々ありました。とりわけ地下の小さなライブハウスでの大音量でのライブの後にあるようで、酸素が少ない中で体を動かし、突発性に耳に負担をかけたことから起こります。ライブ会場のスピーカー近くなど、大きな音を2時間以上聴いたりすると音響外傷(急性音響性難聴)という場合も。あまりにも耳鳴り続いたり、耳に違和感が残る場合は早めに耳鼻科へいきましょう。

軽い場合は酸素を脳まで行き渡され、ライブの疲労を癒してあげることで耳鳴りは回復します。

耳鳴り理由②高熱を出した時

sick_netsu

高熱を出すと耳鳴りがおこることがあります。これは、風邪の原因となっているウィルスが中耳まで達し炎症したことでおこる外傷になり中耳炎・内耳炎を引き起こしている場合が多いです。高熱後の耳の炎症は回復が遅く自力では治らない場合もあるので早い段階で耳鼻科への受診を検討してください。

高熱時の耳鳴りは『鼻をかむ』行為は避けておきましょう。耳から空気が抜けるので炎症の悪化の原因になります。

耳鳴り理由③強いストレスを感じた時

shutterstock_110822132

耳の中に異常がないのに耳鳴りの症状が出てしまう場合は目には見えないストレスを感じているのが原因です。周囲に音はないのに『キーーーーーン』という音が聞こえて来る症状です。聞こえた場合の対処方法としてはまずは静寂を避けることをおすすめします。

この場合の耳鳴りはストレスの根源を解決しないと治りが悪く、ふたたび発生し蔓延かする場合が多いです。放っておいてさらに悪化すると、目の腫れ・口の腫れ・顔の硬直・ 舌は痺れなんかにも影響するので心療内科などの受診になりかねません。

耳鳴り理由④過度な睡眠不足

6

睡眠時間が極端に少ない人はつねに耳鳴りがひどい症状に悩んでいます。耳鳴りがしても『忙しくて気にしない』といった働き過ぎの方は多いです。学生なら学業とアルバイトの兼ね合い、社会人なら業界全体で労働時間が長い職種に就職すると『寝ないのがあたりまえ』『睡眠時間など存在しない』という場合もあります。

忍耐的・精神的にも耐えられる人と耐えられない人は個人差があります。耳鳴りが異様に気になる場合は生活環境の見直しも必要です。

耳鳴り理由⑤更年期障害

kounenki_woman

更年期には自律神経のバランスの乱れに加えて感覚器官の加齢変化も起こってくるため、めまいや耳鳴りの症状が起こりやすくなります。更年期の耳鳴りは、比較的症状が軽い場合が多く、周りが静かになると、耳のなかで「サー」「キーン」といった音を感じる人が多いようです。めまいと一緒に起こることもあります。

耳鳴り理由⑥気圧の差を感じた時

large-1

飛行機の離陸の後や海底にスキューバーダイビングした際の気圧の変化によって耳鳴りが生じることがあります。大抵は唾を飲んだり、鼻をつまんで耳抜きなどをすれば症状は治まります。耳管に空気が通りにくいと気圧の差がある状態が続き、耳が痛くなります。耳の痛みは気圧の差が大きいほど大きくなります。専門的にはこのような飛行機の気圧によっておこる中耳炎を航空性中耳炎と言います。

耳管なのですが、人によって太さ、曲がり方、空気の通りやすさが違います。耳管が細い人は空気が通りにくいので、頭の小さい赤ちゃんや子供は耳が痛くなりやすく、風邪をひいたりして耳管が腫れていたりしても耳が痛くなりやすいです。

まとめ

耳鳴りの心配なところは、病院に行っても『異常なし』と診断されリンパ腺や鼓膜にも炎症が見られない場合の耳鳴りです。静寂さけていっときも早く精神的な安静をとるようにしてください。耳鳴りに気を取られ、危険な目にあう場合も予測されます。無理をせずに日常生活を通常ベースにもどすように努めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます