青汁は朝1杯と夜1杯だけ。健康になりたい人の野菜不足対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_134301953

野菜不足とはわかっていても、毎日野菜を食べ続けることって限られた人しかできないですよね。健康づくりに気を使うなら野菜の実力を理解してきちんとしっかり摂っていきたいところ。

そこで、どうしても不足しがちな野菜の摂り方のポイントをわかりやすくお届けします!

  • 『野菜を摂る』その目的
  • 『野菜を摂る』本当の理由
  • 『野菜を確実に摂る』方法

どうして野菜を摂らなければならないのか、その理由、さらには確実に摂る方法までおいしいとこ取りで解説していきます。

健康づくりには必ず必要な『野菜を摂る』ことのポイントを押さえておけば1日約350g以上の目標をクリアすることが手軽にできますよ。

1.1日に必要な野菜350g以上を目的とする理由

スクリーンショット 2016-02-10 15.32.27

1日に野菜を350g以上摂ることを理想とすることは、厚生労働省が国民の健康運動のために掲げた平均値です。野菜を毎日取らなくなってきている食生活に変わってきているため、一日の目安の摂取量を摂ることで、健康づくりの基本であり、生活習慣病予防を目指すために定められたグラム数なんです。

「日本人の栄養所要量」も踏まえ、下記のような目標が考えられる。ただし、本来個々人の健康・栄養状態等によって異なるものであり、あくまでも1つの目安とするものである。1日あたりの野菜摂取量を350g以上にする。 —-引用:厚生労働省

野菜の350gと言われてもイメージがわきにくいので、献立に例えてみます。1食で350gを摂取するのは難しいので100gの野菜の目安がどんな程度なのかみていきましょう。

野菜100gの目安

  • キャベツ 2枚
  • 玉ねぎ1/2個
  • キュウリ1本
  • ミニトマト10個
  • ミニキャロット6本
  • 白菜1枚

一度に350gの野菜となるとモリモリとしていて食べるのが大変ですが、3食分に分けて考えるとイメージしやすいですよね。一食にこれらのメニューを組み込みそれを約3回ほど食べると、理想的な野菜の摂取量です。

野菜350gと聞いて野菜を摂ることを苦としない方であれば、『頑張ればできるかも』しれませんが、やはり『つづけられる気がしない』という方は少なくありません。

野菜350gを摂ることを続けられない理由

野菜嫌いに聞いた野菜を取り続けることができない理由をみていきましょう。

  • そもそも野菜が嫌い
  • たくさん食べること自体できない
  • もしゃもしゃと食べるのが面倒と感じる
  • 味がしないためドレッシングなどをどうしてもつけてしまう
  • 豊富な種類を揃えることは難しいので結局栄養が偏っている気がする
  • 野菜を新鮮な状態で食べ続けるのは難しく毎回腐らせてしまう
  • 野菜は値段が高い

野菜が体に必要なことをわかっていてもつづけられない人がほとんど、そもそも野菜嫌いの方にとって『野菜を摂りましょう』と言っても、なんのこっちゃという話なんです。

2.『野菜を摂る』本当の理由

野菜を摂る本当の理由は、『病気の予防』です。健康な体づくりには食事8割:運動2割。栄養のバランスは将来の病気の予防に非常に大切な習慣なのです。

生活習慣病の予防になる

生活習慣病とは、糖尿病・高血圧・動脈硬化・脳卒中などで野菜はこれらの病気の予防にひと役買ってくれます。

野菜に含まれる抗酸化物質が、体内に取り込むと数%は活性酸素という物質に変化します。この活性酸素がカラダの中にある細菌やウィルスと闘い、日々カラダを守ってくれるのです。ただ取りすぎには注意も必要です。

太らないカラダを作れる

野菜を摂ることでダイエットになるのは野菜に含まれる『食物繊維』が大きく関係していきます。

食物繊維が便通を促す

食物繊維は便通を促し、結果ぽっこりお腹を暖和します。

水分をおたっぷり含んだ食物繊維は消化されにくく、腸の運動によりゆっくりと小腸から大腸に運ばれるため、より活発な腸内運動が便秘の改善に繋がります

カサがあるのにエネルギーが少なくカロリーが低い

野菜には『カサ』があるのにエネルギーが少ないというメリットがあり、食べる量が少なくても満腹感が得られます。

満腹感はあるのにカロリーは低いため痩せやすいというのが理由です。

カラダをつくるには7大栄養素が必要

スクリーンショット 2016-02-10 15.27.34

野菜にはカラダをつくる7大栄養素のうち3つの食物繊維・ビタミン・ミネラルが含まれ、健康には大切な栄養です。

たんぱく質

  • カラダの基本・心臓・ホルモンなどの整体機能をつくる大切な材料

糖質

  • 脳や神経系・白血球・筋肉に即効性のあるエネルギー源
  • 不足すると疲労や集中力の低下の原因になる
  • 過剰摂取は肥満や生活習慣病を促進させてしまう

脂質

  • 貯蓄可能なエネルギー
  • 生体膜の成分
  • 断熱材として体温を維持
  • ホルモンの材料

ビタミン

  • 栄養素の代謝の潤滑油
  • 代謝を助け、健康を維持
  • 血液の粘膜・皮膚・骨などの健康を保つ

ミネラル

  • 体液の浸透圧・PH調整
  • 骨・血液・酵素などの構成成分
  • 酵素の働きをサポート
  • 神経・筋肉機能の正常化

食物繊維

  • 人が体内で消化・吸収できない食物成分
  • コレステロールや血糖の上昇を抑える
  • 腸を刺激しスムーズな便通をサポート
  • 腸内細菌に作用し腸内環境を改善

ファイトニュートリエント

  • 人に健康や美容に様々な恩恵をもたらす植物由来成分
  • 活性酸素からからだや肌を守る
  • 免疫力を上げる

健康な体づくりには7大要素のバランスが必要です。野菜に含まれる、ビタミン・ミネラル・食物繊維はどうしても不足しがちなので積極的に摂っていくことは大切なことです。

3.調理によって野菜の栄養素は損失することを知っておく

スクリーンショット 2016-02-10 18.31.42

調理によって野菜の栄養変化が起こることを知っておきましょう。野菜特有の栄養を摂りたいのに、調理によっては栄養の残存率がほとんどない場合もあるんです。

栄養素や野菜にもよりますが、栄養損失を防ぎやすい料理方法を紹介しましょう。

炒める・油で揚げる 栄養残存率 81%〜90%
蒸す 栄養残存率 41%〜50%
茹でる 栄養残存率 31%〜40%

引用:ほうれん草の料理方別栄養変化

ほうれん草を3分茹でるとビタミンCの含有用は元の半分以下に減ってしまいます。できれば茹でるより炒めたりあげたりする方がビタミンCの残存率が高くなり、他の野菜でも基本的には同じです。

4.『野菜を確実に摂る』には青汁が良い理由

毎日理想的な野菜を摂るには青汁が最強です。なぜなら青汁であることで野菜を食べるときの不満や不自由さが解決してしまうからです。

野菜を毎日たべれない理由に青汁の利点を当てはめて見てみましょう。

  • そもそも野菜が嫌い→ 野菜の味がしない
  • たくさん食べること自体できない→コップ1杯飲むだけ
  • もしゃもしゃと食べるのが面倒と感じる→食べなくていい
  • 味がしないためドレッシングなどをどうしてもつけてしまう→美味しく飲める
  • 豊富な種類を揃えることは難しいので結局栄養が偏っている気がする→コップ1杯で豊富な栄養素
  • 野菜を新鮮は毎回腐らせてしまう→最長約2年の消費期限で腐る心配がない
  • 野菜は値段が高い→お得な価格
  • 料理での栄養損失がある→栄養損失のない加工で作られている

普段の食事に青汁を一杯プラスすることで効率よく理想的な栄養素を確実に摂ることが期待できます。

5.野菜不足には神仙桑抹茶ゴールドがおすすめな5つの理由

rank_item_01

野菜不足を補いたい方におすすめな青汁は神仙桑抹茶(しんせんくわまっちゃ)ゴールドがいいでしょう。数多くある青汁の中でこちらをおすすめ理由を解説しましょう。

人気 飲みやすさ お得度 一杯の価格 安心理由
130万箱突破 ★★★★★ ★★★★ 約95円 無農薬栽培・完全無添加

理由①お茶屋さんが作ったおいしい青汁

カラダに良いとわかっているが青汁は『不味い』イメージがあります。しかしおすすめの神仙桑抹茶ゴールドは、本物の抹茶を飲んでいるかのような味わい深い青汁です。

ものすごく豪華でおいしいので家族みんなで飲めてしまいますし、ご飯にも相性の良い味わいです。

理由②一袋あたり100円以下!全額返金保障つきでお得

初回特典で10回分が付いてくる上に1杯はたったの約95円!

数ある青汁の中でも低価格。製品に自信があるので全額返金保障つきはかなり安心で初心者向きの青汁です。

理由③無農薬栽培・完全無添加

健康食品の落とし穴は、余分な添加物や材料の原産地が不明なこと、神仙桑抹茶ゴールドは製造過程も公開しており安心して飲むことができます。

健康のため飲むので余分なものは摂りたくないのが本音ですよね。

理由④たった1杯で豊富な栄養素

スクリーンショット 2016-02-10 18.55.57

  • 原材料|桑葉・茶・シモン(葉、茎) 1包3gの栄養素
エネルギー 350kcal たんぱく質 21.3g
脂質 8.7g 糖質 17.1g
食物繊維 37.9g ナトリウム 52.1mg

理由⑤初回限定はお得で定期特典が豪華で嬉しい

スクリーンショット 2016-02-12 14.46.33

特典が多いのでお得感満載な青汁です。そのなかでも送料無料はうれしいですね。

製品名

神仙桑抹茶ゴールド

画像 スクリーンショット 2016-02-10 19.05.52
初回限定 送料無料・シェイカー・メジャー・歩数計・ダイアリー・10包
通常価格

¥5700(+税)・¥8000(+税)

定期価格 ¥54150(+税)・¥7200(+税)
お得サイト 公式サイト
1包料金 約95円
内容量 1箱60包3g・1箱90包3g
送料 無料(定期)・¥300〜¥600(通常)
信頼感 全額返金保障付き(未開封8日以内)・定期は6回の約束あり

60包と90包があり、ご家族の人数によって選ぶのがおすすめです。定期購入が料金的にも断然お得ですね。初回限定には10包が付いてくるのでそちらから試すのが良さそうです。

スクリーンショット 2016-01-27 14.59.38

たくさんの野菜を毎日食べるよりもコップ1杯で同じ栄養素が取れるならそれに越したことはないですよね。

血糖値が上がりにくい

お得で健康な青汁で病気になりにくい体作りをスタートすることができます。野菜を準備できないときは青汁を飲んでおくだけで『カラダにいいこと』ができてしまいます。

6.まとめ

青汁なんて飲むつもりなかったのに、味が美味しく定期がお得なので続けているって方が多いのが神仙桑抹茶ゴールドの特徴でもあります。抹茶が好きな方はすいすい飲めてしまいます。風邪をひきやすい・メタボ・便秘気味・高血圧などの方は食物繊維の豊富な青汁があると健康面にとても心強いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます