下半身太りの人が遺伝子的に一番太りやすい理由と最善の対策方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_332744087

「脚が太くて着れなかった服がある。」そんな下半身太りの方の悩みには、人前で脚を隠すことが癖になっていますよね。いろいろと試したがどうしても下半身が改善できないと苦しんでいるかたは少なくありません。

実は人が生まれた時からわからない遺伝子に下半身太りが関係ていることが近年わかりました。遺伝子には「肥満遺伝子」があり、それは親から子に受け継いでいて一生変わることがありません。このページでは、遺伝子的に下半身太りかどうかを調べる方法と具体的な対策方法を紹介していきましょう。

1.下半身太りが遺伝子的に一番太りやすい理由

日本人の肥満遺伝子は主に3種類に分けられ、その中でも最も太りやすいと言われているのが下半身太りの洋なしタイプと言われる遺伝子です。肥満遺伝子を調べた際に主に分けれる3つのタイプの特徴を簡単に解説します。

下半身太り|洋なし型肥満遺伝子(脱共役タンパク質遺伝子(UCP1))

洋なし型肥満遺伝子を持つ人のダイエットの特徴と性格を紹介します。

  • 下腹部・お腹・太ももから太っていく
  • クリーム系パスタよりクリーム系スープが好き
  • 基礎代謝が100kcalほど低い
  • 日本人の25%が持っている(女性に多い)
  • 脂肪の代謝が苦手
  • 皮下脂肪がつきやすいのが大きな特徴
  • 万年冷え性
  • 真面目なタイプで人に頼りにされたい性格
  • つねに冷静で粘り強く行う仕事は苦に感じない
  • 感情をあまりストレートだせず自分の中で処理しようとして常に考えている
  • ストレスの反動はスナック菓子
  • 普段は食事に気をつけているがふと一人の時には無頓着にインスタントなどにも手を出す

洋なし型の肥満遺伝子のかたは真面目な性格なのでストレスを溜めがち、、どっしりと安定感のある体型が特徴。女性ホルモンの影響を受けやすく、30~40代に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下すると、さらにお尻や太ももに脂肪がたまりやすくなります。

洋なし型肥満遺伝子は脂質を抑えること

photo6_on

出典:山下内科

洋なし型の下半身太りのかたにとって太りやすい食事になるのが『脂質』です。炭水化物を減らすことよりも、唐揚げやフライ、クリーム系のこってりとした食事に気をつけることが大切です。脂質の多い食品リストを参考に食事に気をつけていきましょう。

脂質の多い身近な食品ベスト12 (食品100g当たりの脂質の含有量 単位:g)

フォアグラ 49.9

ベーコン 39.1

ホイップクリーム 38.3 鯖の干し開き 28.5
マーガリン 81.6 マカダミアナッツ 76.7 マヨネーズ 75.3 たまご(卵黄) 33.5
牛サーロイン 50.0 豚バラ肉 34.6 プロセスチーズ 26.0 バター 81.0

また、白米やパンといった主食はそこまで避けなくても大丈夫気をつけるべきは油物です。脂質の過剰摂取は、肥満を招き、糖尿病、高脂血症、動脈硬化が起こりやすくなります。

洋なし型肥満遺伝子は魚を食べることがおすすめ

40913

脂肪燃焼に効果的なのは低脂肪高タンパクの「魚」がおすすめです。とりわけカルパッチョは生で魚を食べれるため、EPAやDHAをとることもできます。生で食べるならイワシ、さんま、ブリ、アジなどの光り物と呼ばれる種類をチョイスしましょう。

また、このタイプはホルモンバランスを崩しやすいので納豆や豆乳といったホルモンに良い食品も相性がいいですよ。

洋ナシ型以外の肥満遺伝子は、

  • りんご型(B3AR遺伝子)|疲労やストレスなどの影響で血行が悪くなり水分が過剰にたまりムクミ(むくみ)ます。また、ムクミは気温が寒い冬が出やすい症状です。
  • バナナ型(B2AR遺伝子)|運動をしているが線の細い体型にならず、骨格は細いがふくらはぎだけが立派になっていたりします。痩せにくいのには筋肉の上にのったセルライトの蓄積と食事の習慣です。

肥満遺伝子は細かくは100種類以上、さらに細かい詳細を知るには遺伝子検査が必要ですが、まずは洋ナシ型遺伝子の方の注意事項を知っておきましょう。

そのあとにおすすめの遺伝子検査を紹介します。

2.下半身太りの遺伝子に気をつける5つのこと

冷えを解消|冷えからくる子宮関係の病気に注意が必要

下半身に立派についてしまっている皮下脂肪は断熱材のような役割を果たす一方で、増えると体が冷えやすくなり、代謝不良になりそこから脂肪蓄積の悪循環に陥ってしまいがちです。体温が1℃あがると基礎代謝は約13%ほど上昇するといわれているので、体温には気をつけて、温めグッズを取り入れていきましょう。

ホットヨガ・リンパマッサージ・空腹に白湯を飲むなどが日常にできる方法で、リンパ節の滞りを解消すれば余分な水分や老廃物の排泄と新陳代謝アップを期待できます。お風呂上がりなどにオイルクリームを使って各リンパ節へ向けてコリを流していくことが効果的です。

脂肪へのアプローチ|頑固なものはプロに頼るのが◎

セルフケアで冷え固まった脂肪を保津すには限界があります。結構自分で頑固な脂肪を柔らかくするのには痛いし根気が必要です。脂肪分解にはて帰宅にアプローチできるクリニックやサロンといったプロの施述を利用するのが最大の近道です。脂肪を分解し、一気に燃えやすい状態にシフトします。

とくべつ注目は、皮下脂肪の層だけを破壊してくれる施述です。

食べないダイエットはNG!質と量のバランスを見直して

食べないダイエットは厳禁!質と量のバランスを見直しすることが大切です。代謝に必要なタンパク質を積極的に摂りつつ、唐揚げやフライといったこってり系脂質は控えておきましょう。

朝食を抜くと基礎代謝が落ちるのでもしダイエットのために朝食を抜いているのであれば改善が必要です、夕ご飯の時間帯が連日遅い方は帰宅後に主食以外を食べて、翌朝にたっぷり食べるようにしてください。

有酸素&無酸素運動でとにかく脂肪を燃やすのが大切

皮下脂肪は、ほぐして筋トレすることで、脂肪をしょうひされるものです。ハードな筋トレは不要ですが、階段を使ったり一駅分歩くなどの工夫をしてストレッチを常に心がけましょう。

朝起きたら軽くストレッチをする

  • 腹式呼吸をしながら20回ほど腕立て
  • 歯磨き中は爪先立ちする
  • 駅では階段を使う
  • 通勤電車では座らない
  • 電車内ではお尻の穴にキュッと力を入れて立つ
  • デスクワークでは背筋を伸ばし肩甲骨の可動域をストレッチする

低脂肪食と下半身中心の引き締め運動

顔や上半身よりもお腹やお尻太ももに脂肪がつきやすいので、下半身の筋肉を引き締め燃焼アップが必要です、脂肪になりにくい低脂肪食を基本の食事メニューが大切ですが、体が冷える食事には注意が必要、冷たい飲み物(グリーンスムージーや冷やしたアルコールなど)ダイエットとはいえわざわざ体が冷えるものを摂らないようにしましょう。

3.肥満遺伝子を明確にする遺伝子チェックは500円から

肥満遺伝子チェックは平均でも約6000円〜50000円ですが、お得なサイト探して最安値をみつけました、GENE SLIM(ジーンズスリム)なら実質500円でいまならできるので、お得に済ませたい方におすすめです。大変人気なので「待ち」もある可能性もあります。

初めての遺伝子チェックにはタードルが低いのでおすすめです。

4.まとめ

肥満遺伝子のデータは確実で、一生変わることがないので生活やエクササイズのアドバイスとしては一番信頼できます。基本的な軸になるので、選択を間違ってしまうと理想に対し遠回りしてしまうことを避けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます