大量摂取に気をつけよう!プリン体の多い食べ物ランキング10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_195092573

プリン体とは食べ物の「うまみ成分」結論からいうと肉・魚・野菜すべての食べ物に含まれています。適量なら生きて行くために体には必要な物質ですが大量に摂取すると尿酸として体内にとどまってしまい痛風の発病リスクがどんどん増えてしまいます。

プリン体を適量以上に体内に尿酸として残してしまう理由としては暴飲暴食があげられます。このページでは身近なプリン体が多い食べ物をランキングにまとめました。

1日の適切な量のプリン体は400mg。それ以上にならないようにランキングを参考にセーブしていきましょう。

1.肉類ランキング

1位 鶏レバー 312.2
2位 豚レバー 284.8
3位 牛レバー 219.8
4位 牛の心臓 185.0
5位 鶏のささみ 153.9
6位 鶏の砂肝 142.9
7位 鶏の手羽 137.5
8位 鶏のもも 122.9
9位 豚ヒレ 119.7
10位 鶏皮 119.7

※100g当 単位:mg

鶏レバー・鶏ささみ・鶏もも等、ヘルシーで健康にも良い鶏ですが、プリン体含有量が全体的にあります。プリン体が気になる方は肥満気味な場合が多いのであえて鶏肉を選んでいたかもしれませんが、脂身の少ない豚肉をチョイスするのがおすすめです。

2.魚類ランキング

1位 カツオ 211.4
2位 マイワシ 210.4
3位 ニジマス 180.9
4位 マアジ 165.3
5位 マグロ 157.4
6位 サンマ 154.9
7位 イサキ 149.3
8位 赤カマス 147.9
9位 キス 143.9
10位 ニシン 139.6

※100g当 単位:mg

魚も健康的な食品のイメージですが、魚の種類によっては気をつけなければなりません。意外なことに数の子・筋子・うなぎは意外にもプリン体が低いです。

3.干物系ランキング

1位 ちりめんじゃこ 1108.6
2位 干しエビ 749.1
3位 煮干し 746.1
4位 かつお節 493.3
5位 しらす干し 471.5
6位 マイワシ干物 305.7
7位 マアジ干物 245.8
8位 サンマ干物 208.8
9位
10位

※100g当 単位:mg

魚を干物にしたものにはプリン体が多いです。干したものは栄養価が高くなるためその分プリン体も多ってしまうのが理由です。保存食だし料理も便利なんですが、全体的にプリン体含有量が多め、避けたほうがいいです。さらにプリン体は水溶性なので煮干し・鰹節で出汁をとったりすると溶け出します。出汁の味は日本人が好んでいるので残念ですが飲むのはやめておきましょう。

4.貝・軟体動物系ランキング

1位 大正エビ 273.2
2位 オキアミ 225.7
3位 クルマエビ 195.3
4位 スルメイカ 186.8
5位 カキ 184.5
6位 ヤリイカ 160.5
7位 アサリ 145.5
8位 シバエビ 144.2
9位 タコ 137.3
10位 ズワイガニ 136.4

※100g当 単位:mg

シュリンプフライとビールは最強コンビですが、プリン体対象摂取してしまいます。イカやタコもダイエットフードのイメージですが毎日食べるのはやめましょう。

5.野菜類ランキング

1位 パセリ 288.9
2位 ほうれん草 芽 171.8
3位 ブロッコリースプラウト 129.6
4位 かいわれ大根 73.2
5位 ピーマン 69.2
6位 たけのこ 上部 63.3
7位 豆もやし 57.3
8位 カリフラワー 57.4
9位 かぼちゃ 56.6
10位 ほうれん草 葉 51.4

※100g当 単位:mg

1位のパセリを100g食べる機会はあまりないと思います、野菜に含まれるミネラルやビタミンは加熱の調理方法で減少してしまいますが、プリン体は熱ではなかなか減少しません。

さらにプリン体は水溶性なので、スープなどの調理法では溶け出すかたちになります。

5.きのこ類ランキング

1位 干ししいたけ 379.5
2位 ひらたけ 142.3
3位 舞茸 98.5
4位 マッシュルーム 49.5
5位 えのきだけ 49.4
6位 ブナピー 30.8
7位 なめこ 28.5
8位 ブナシメジ 20.8
9位 生しいたけ 20.8
10位 エリンギ 13.4

※100g当 単位:mg

きのこも干したものはプリン体が高いです。(うまみ成分が凝縮されますもんね)

6.海藻類ランキング

1位 わかめ 262.4
2位 ひじき 132.8
3位 昆布(乾燥品) 46.4
4位 もずく 15.4

※100g当 単位:mg

ワカメにプリン体があるのは意外ですよね、乾燥ワカメも同じです。

7.調味料ランキング

1位 だしの素 684.8
2位 お吸い物の素 233.4
3位 粉末スープ(中華スープ) 185.9
4位 粉末スープ(コンソメ) 179.8
5位 オイスターソース 134.4
6位 米ぬか 100.2
7位 から揚げ粉 68.7
8位 赤味噌 63.5
9位 白味噌 48.8
10位 粉末スープ(クラムチャウダー) 47.1

※100g当 単位:mg

8.豆類ランキング

1位 乾燥大豆 172.5
2位 納豆 113.9
3位 乾燥小豆 77.6
4位 ピーナッツ 49.1
5位 おから 48.6
6位 枝豆 47.9
7位 そら豆 35.5
8位 豆腐 冷奴 31.1
9位 豆乳 22.0
10位 豆腐 湯豆腐 21.9

※100g当 単位:mg

納豆にプリン体が多いことはあまり知られていません。こちらも健康のために積極的に取っていた場合は控えておきましょう。

9.健康食品ランキング

1位 DNA/RNA(核酸) 21493.6
2位 クロレラ 3182.7
3位 ビール酵母 2995.7
3位 ローヤルゼリー 403.4
4位 ケール粉末 40.2

※100g当 単位:mg

健康食品にはプリン体の数値がかなり高い傾向がああります。健康食品の成分は新しいものがつぎからつぎへの発売されるので気になる場合は発売元のカスタマーセンターで聞くことをおすすめします。

10.魚卵系ランキング

1位 あんこう 肝酒蒸し 399.2
2位 イサキ白子 305.5
3位 ボタンエビ 卵 162.5
4位 明太子 159.3
5位 蟹味噌 152.2
6位 うに 137.3
7位 たらこ 120.7
8位 キャビア 94.7
9位 とびこ 醤油漬け 91.5
10位 とびこ 塩漬け 67.8

※100g当 単位:mg

魚卵系はプリン体が高いといわれますが、そのイメージをつけたのは「肝」「白子」だと思います。いくらと・びっこがプリン体含有量がそこまでたかくないのが意外ですね。

11.まとめ

プリン体の含有量をランキング形式で紹介しました。尿酸値が7.0以上の方は日々の食卓や外出さきで、の食事を確認しておきましょう。プリン体が肝臓で処理されると尿酸が合成され、通常は腎臓で尿と一緒に大会に排泄されるのですが、それがうまく作用しない場合、痛風に至ってしまうので回避するには食生活を改善するのが最善策です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます