『青汁効果なし』と感じた瞬間とその理由について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
aojirruruu

健康食品の中でも青汁を選ぶ人が期待することは『病気の予防・健康維持』ではないでしょうか。栄養豊富な青汁商品は数多くあり、愛飲者もいますよね。だが、ときたま『青汁効果なし』なるコメントを目にしました。

そもそも、食生活では補えない栄養補助として青汁は不足しがちなビタミン類・食物繊維が豊富です。実際同じ栄養素を食事でとるのはかなり難しいといわれています。

ちょっとクセを感じる味を飲み続けて効果がないと感じるのはどんな理由があるのか調べてみました。どんな瞬間に効果がないと感じたのか具体的なシーンを踏まえ紹介していきましょう。

1.人間ドックで結果が変わらなかった時

shutterstock_187633877

働き盛りの世代なら、健康診断・人間ドックには興味がありますよね。そうした世代に今ちょっとした健診ブームが起きています。

健診の結果によって青汁を飲むことを決意、問題視されたコレステロール値・血圧の結果が次回の健診で変化がなかった時、『青汁の効果が…なかった…。』とたしかに落ち込むでしまいますよね。

青汁のクセのある味を我慢して飲んでいたりだとか、頑張っていた人ならなおさらショックが大きいかもしれません。

2.体重の変化がなかった

shutterstock_330080141

青汁でダイエットを試みる人もいますよね。数ヶ月たっても、体重の変動がなかった場合『やせなかった』と感じ、青汁ではやせれなかった、効果がない。となってしまいますよね。

3.便痛が改善されなかった

shutterstock_186946718

青汁は豊富な食物繊維が含まれているので、便秘に悩む人はその効果に期待しますよね。便秘への悩みは深刻な人も多く、いろいろな方法を試していたり、長期的な症状に慢性化している人も少なくないです。

そんな思いを抱きながら青汁に挑戦。しかし便秘の症状の改善が見慣れないと『青汁全然効かない…。』と感じてしまいますよね。

期待していた効果を感じられなかった時、効果がなかったと思ってしまうのは仕方ありません。もしかしたら、それを機に青汁を嫌煙してしまうかもしれません。

だが、青汁の効果を体感できた!という体験談が少なくありません。どういった差がそうなってしまったのか、理由を探ってみました。

4.青汁への効果を感じられない考えられる3つの理由

青汁の効果を感じられない人と青汁の効果を感じられた人にはどういった違いがあるのか調べてみました。

理由①青汁の製品選びに失敗している

青汁製品全てが質の良い製品かどうかを断言することはできません。例えば、栄養素が少ない青汁なんて製品もあるようです。青汁の製品選びに失敗してしまうポイントを紹介しましょう。

  • 余計な甘味料が入っている
  • 食品添加物が入っている
  • 原料が国産の物ではない

青汁を購入する理由が『安かったから・甘くて美味しかったから』だけでは、その効果には少し不安を感じます。多く発売されている製品の中でも選ぶポイントが外れすぎていると、製品そのものに効果が期待できない物かもしれません。

理由②安心・信頼できない製品

青汁製品は一時期ブームにもなり、大変人気で今でも注目度が高い製品です。求められている製品は売れる製品でもあります。

販売会社がそのブームに乗った売り上げに偏った利己的な考えだった場合、それは安心できない製品かもしれませんよね。

  • カスタマーセンターが設置されていない
  • さまざまな通販サイトで値崩れが起きている
  • 広告ばかりが検索にヒットする
  • 体験談が一つもない
  • 原産国・原料・生産工程が不透明

そういった製品は、質への忠実度は低いでしょう。

理由③青汁を摂る頻度と期間

青汁に限った話ではありませんが、健康食品の多くは薬品ではないので、効果の現れは人によります。摂取量や摂取回数が極端にすくなかったり、たった3日間だけだったりと短すぎる期間だと、効果を体感するには少なすぎるでしょう。

おすすめの摂取回数は商品によって異なりますが、ドリンクタイプなら1日1杯最低1ヶ月〜3ヶ月は試してみたほうがいいでしょう。

ジャッジが早すぎるのは効果の良し悪しを決めるのに十分ではないですよね。

5.健康食品の青汁は効果効能を明確にできない理由

青汁は健康食品で薬ではありません、そうした健康食品には『薬事法』が定められています。日本では口から入る物は『食品』か『薬』の2種類にわけられ、健康食品は食品に分類されます。

・医薬品のような効能を標ぼうするのはNG
・医薬品にしか使えない成分を使うのはNG

そのため、『薬事法の世界に入り込むこと』をすると薬事法違反となります。—–引用:薬事法広告研究所

健康食品の効果効能をうたうことは法律で禁じられていて、大げさな広告もNGです。メーカーもそれを十分に気をつけています。健康食品に期待できる効果はあくまで、個人の意見や体験をもとに表現されているはずです。

そのためよくある質問には、明確に回答することができないのです。

  • 質問|『青汁は効果がありますか?』
  • 回答×|『はい、ありますよ。』
  • 回答◯|『効果を期待することはできますが、人によります。』

明確に返答してもらえないことから『効果がないのでは?』と感じる人も少なくないですね。

6.まとめ

余計な甘味料などが入っておらず原料が国産のものであれば栄養豊富な、ケール・明日葉・大麦若葉を原料としている青汁は、絞って飲むのが最強と言われますが、味がなかなかクセがあるのが困りますよね、発売当初よりだいぶ飲みやすくなっているようですが、苦手な人は多いでしょう。ニューヨークでは、二日酔いの翌日に小麦若菜のショットをぐいっとのみほしてデトックス効果を狙うのがブームです。まだまだ青汁への注目度はつづきそうですね。

おすすめの青汁は「国内で売れてる青汁5種類のレビューが本当か実際に全部買って試して徹底比較してみた」で詳しくご紹介していますので、効果を感じられなかった時には、こちらも合わせて確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます