洋なし型・リンゴ型・バナナ型の体型べつ肥満体質チェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
スクリーンショット 2016-05-16 14.53.10

自分なりにダイエットを頑張ってもなかなか成果が出ない方のダイエッター卒業のカギは、自分の体質にあったダイエット方法を行うこと。そのために肥満体質チェックが必要です。今回は、よくみられる脂肪太り・水太り・筋肉太りの3つのタイプの肥満体型に絞って、肥満体質チェックを行います。

「とにかく痩せたい!」からといって極端なダイエット方法をしていませんか?はじめに太り方のタイプや原因を見極めることが大切です。とくに20代後半から30代ともなると痩せにくくなってくる年代です。

食べるべきもの・鍛えるべき筋肉・保持すべき部位などのポイントも解説しますので自分にあったダイエット方法を見つけられます。

1.太り方別タイプ別チェック方法

洋なし型|脂肪太りの特徴

スクリーンショット 2016-05-16 14.53.10 2
  • 見た目は洋なし体型
  • 脂っこいメニューが好きで週に1度以上食べる
  • 運動は月に数回もしくはほとんどしない
  • 肉質はぶよぶよしていて非常にやわらかい
  • 年間をとおして冷え性
  • 口の周りにニキビが繰り替えしできる
  • ダイエットをしてもリバウンドを繰り返してきた

脂肪太りタイプのチェック方法としては、10代の体の成長中に食べないダイエットを行った人に多く、繰り返す代謝低下によって燃費の悪い体質とマインドがくせになっています。

バナナ型|筋肉太りの特徴

スクリーンショット 2016-05-16 14.53.10 4
  • 全体的に引き締まっていて触ると硬い
  • 運動するのが好き
  • 学生時代運動部に所属していたが食事量は変わっていない
  • ふくらはぎがとくに張っている
  • 自己流のダイエットをためしたが成果がなかった
  • パーツ痩せしたいができない

筋肉太りタイプのチェック方法として、運動をしているが線の細い体型にならず、骨格は細いがふくらはぎだけが立派になっていたりします。痩せにくいのには筋肉の上にのったセルライトの蓄積と食事の習慣です。

リンゴ型|水太りの特徴

スクリーンショット 2016-05-16 14.53.10
  • 動きがゆっくりで俊敏に動けない
  • 体が重い
  • アルコールを飲むのが好き
  • 水分補給に気をつけている
  • むくみがひどい
  • 濃い味が好きもしくは外食ばかりが続いている
  • 年中冷え性

水太りタイプのチェック方法は、疲労やストレスなどの影響で血行が悪くなり水分が過剰にたまりムクミ(むくみ)ます。また、ムクミは気温が寒い冬が出やすい症状です。

2.現代人に共通する5つの太る理由

食事を変えても眠りを変えていない

ストレスや不規則な生活などにより自律神経のバランスが乱れると、睡眠の時間や質が低下してしまいます。食欲をコントロールするホルモンが分泌が乱れ、平均で25%も食欲がアップしてしまうデータもあります。基礎代謝も落ちて太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

長年のセルライトを改善できない

冷えや代謝低下による血行不良が原因で老廃物が蓄積すると、脂肪細胞の代謝が乱れて脂肪を溜め込み2〜3倍に肥大します。脂肪細胞同士が合体してさらに塊となった上に老廃物が上乗せされ、雪だるま式に増加してしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

自律神経の乱れは代謝をどんどん低下させて、脂肪を蓄積するホルモンを分泌。ホルモンバランスの乱れは生理不順や生理前のイライラにつながり、生理後の痩せやすい時期を逃しがちです。日々のストレスや不規則な生活が原因でホルモンのバランスは乱れます。

腸内環境の悪化

腸の免疫システムの要といわれ、みだれた食事メニューや栄養のバランス、運動不足などが原因で悪玉菌が体内に増えてしまうと、代謝の低下や便秘・肌のトラブル・ニキビの発生・肌のくすみ・頭痛・よる眠れないといった不眠のオンパレードの原因になります。

自分にあったダイエット方法をできていない

「ダイエットが成功しないのは意志が弱いから」と考えている人は少なくありません。しかし、現代のダイエットは最先端医療との育みがされ、血糖値の乱高下との結びつきが大切だとわかってきています。

ダイエットブームが長年続く中で毎年のように新しいダイエット方が新たになりますが、必ずしも全員が痩せるというわけではなく、やはり成功する人と失敗する人がいるわけです。

メカニズム的には痩せる可能性はありますが、自分の体質に合っているかどうかはダイエットを実施してみないとわかならないのです。太りにくい体質になるには自分の体にあったダイエット方法を知っておくことが大切です。

3.効率よく痩せるには肥満遺伝子のチェックが必要

肥満遺伝子とは?

親子の体型って似ていますよね。具体的には脂肪のつく場所や質感、筋肉のつき具合です。それは親から受け継いだ遺伝子が関係しています。遺伝子は親から受け継ぎ、一生変わることがありません。

その遺伝子の中には太りやすさを決める「肥満遺伝子」というものがあり、3種類の遺伝子に注目が集まっています。

  1. UCP1は洋ナシ型|洋ナシ型はお尻から太ももに皮下脂肪がつきやすい
  2. β2ARはバナナ型|バナナ型は太りにくい逆肥満遺伝子
  3. β3ARはリンゴ型|リンゴ型はお腹が出る内臓脂肪型

それぞれの遺伝子を強く持つ人はその果物の形に体型がにてくることがわかっています。さらにそこから50種類に以上のパターンに分かれていくわけです。日本人の97%が、この3種類の1つを持っていることがわかっているので、自分がどの遺伝子タイプが分かれば、どんなダイエット方法との相性がいいのかが明確にわかります。

薄毛が遺伝するとは聞くことが多いと思いますが、肥満体型も同じことです。

遺伝子チェック方法は2種類

遺伝子チェック方法は2種類で、綿棒のような専用のもので口の内側の粘膜を採取・専用の瓶に唾液を採取する方法です。知りたい遺伝子情報によって方法がことなり、肥満遺伝子なら上記の綿棒での採取方法で十分でしょう。検査キットの使い方が非常に簡単なので、図入りで解説しておきます。

検査キットの使い方①専門機関から遺伝子検査キットを取り寄せます

b1

検査キットの使い方②口内の内側に先をやさしくなでて粘膜を採取

sec3_img i2

検査キットの使い方③専門機関に郵送し2週間〜3週後検査結果が届きます

スクリーンショット 2016-05-16 16.57.43

現在はメールや専門のアプリケーションあてに届くことが多くあります。それには理由があり、遺伝子は究極の個人情報です。紙媒体の場合紛失すしたり、おき忘れたりと手元から離れ他人の目にさらされてしまう可能性があるからです。

いまや個人のスマホやパソコンは究極のプライベートの宝庫。第三者に見られにくい環境になり安全性での配慮です。

4.おすすめの遺伝子チェック方法

『遺伝子ダイエット方法て高いんでしょ?』と思います。これまでダイエットをしてきた方は多くの投資をしてきたでしょう、がそれでも痩せない方は遺伝子ダイエットが最後のダイエットになるかもしれません。おすすめの遺伝子チェック方法はGENE SLIM(ジーンスリム)。キャンペーン中なら1000円以下でトライすることができる唯一の機関です。

平均約6000円〜50000円するところが多いので、こちらは初めての方に十分な遺伝子結果を知ることができます。

大変人気なので「待ち」もあるとのこと、はじめての遺伝子ダイエットはGENE SLIM(ジーンスリム)がおすすめです。

5.まとめ

遺伝子を把握することは健康を維持するために確実に明確な答えの一つです。ダイエットと深く関係する、睡眠時間・ストレス・ホルモンバランス・食生活・ダイエットへのやる気なんかは日々変わってしまいますが、遺伝子は一生変わることがありません。ダイエットと医療との結びつきはこれからも深くなっていくので早めの情報収集は貴重な財産になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます