ケルセチンの副作用と注意点|効果的なケルセチンの摂り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ケルセチンの副作用と注意点

ケルセチンを多く摂取してしまうと、一体どんな副作用があるのでしょうか? どんな良い栄養分も摂りすぎてしまうと、かえって体に悪影響を与えてしまうことはよくあることです

この記事では、ケルセチンの副作用と注意点、効果的なケルセチンの摂り方についてまとめました。ケルセチンは健康に良いだけでなく、アレルギーやアトピーにも非常に効果的です。正しい摂り方を知り、健康的なカラダを目指していきましょう。


1.ケルセチンの作用と副作用

その1 ケルセチンとは

ケルセチンは、主に玉ねぎの皮部分に多く含有されている黄色の色素です。カテキンと同様、ポリフェノールの一種で、ビタミンPと呼ばれることもあります。

ビタミンとは異なる物質であるものの、それに近い働きをすることから「ビタミン様物質(ようぶっしつ)」と言われています。

高い抗酸化作用と抗炎症作用を持ち、動脈硬化や心筋梗塞の予防、アレルギー症状の抑制効果、脂肪の吸収を抑え排出を促すデトックス・ダイエット効果を持つとして、多くの特定保健用食品やダイエットサプリメントに使用されています。

その2 ケルセチンの副作用

ここまで多くの効能があると、副作用なども気になるのではないでしょうか。 しかし、現時点でケルセチンの過剰摂取による明確な副作用のデータはありません。

マウスによる試験では、体重1kgあたり160mgのケルセチンを経口摂取した場合に半数が死亡した試験例が報告されています。しかしこれは、マウス1匹あたり大きな玉ねぎを2個食べた時に相当します。マウスの体重と玉ねぎの重量がほぼ同じになる計算です。

人間の場合は、一度におよそ700mgの摂取で腎機能に障害が出たという報告もあります。しかしこれも、再現性は確認できておらず、完全に実証されていません。

ケルセチン700mgは玉ねぎ5kgぶん、大きめの玉ねぎ20個に相当します。これだけの量を一度に食べるのは現実的でないため、ほとんど心配する必要は無いと考えていいでしょう。

その3 ケルセチン摂取の注意点

ただし、ケルセチンは一部の抗生物質に相互作用を持つことも確認されています。 シプロフロキサシン、エノキサシンなどの抗生物質は、ケルセチンによって効力が低下してしまう恐れがあります。抗生物質を処方されている方は、医師にケルセチンの摂取について確認することをおすすめします。

2.超簡単!効果的なケルセチンの摂り方

ケルセチンが多く含まれている食品としては、玉ねぎ、りんご、ブロッコリー、ぶどう、クランベリーなどが挙げられます。その中で最も消化吸収の効率が良いと考えられているのは玉ねぎです。特に、玉ねぎの皮には最も豊富にケルセチンが含まれています。 通常捨ててしまう玉ねぎの皮から効果的にケルセチンを摂取するためにおすすめしたいのが、「玉ねぎ皮茶」です。

■用意するもの

  • 赤玉ねぎ(2〜3個ぶん)
  • 片手鍋
  • 適量の水(500ml程度)

■作り方

  1. 玉ねぎの外皮(赤茶色の部分)をキレイに水洗いし、乾燥させる
  2. 水から弱火〜中火でコトコト煮出す
  3. 10分程度煮出し、濃い目の琥珀色に色付けば完成
  4. 冷ましてから清潔なボトルに移し、冷蔵保管で3日以内に飲みきる

■注意点

  • 無農薬栽培の玉ねぎを使いましょう。外皮は農薬の影響を受けやすいためです。
  • 煮出しは外皮のみで行います。玉ねぎの白い部分を入れると玉ねぎ独特の匂いがつくため、飲みにくくなります。
  • あまり煮出し過ぎると、玉ねぎ独特のえぐみがついてしまいます。えぐみがついてしまったものは非常に飲みにくいので、水や他の飲料で割りましょう。りんごジュースで割ると酸味と調和して飲みやすくなります。

3.ケルセチンを含んだサプリメントの選び方とおすすめ

おすすめ1 サプリメントの併用

玉ねぎ皮茶は、普段は捨ててしまう玉ねぎの外皮から健康に良い成分を摂取するエコな方法です。しかし、煮出しや保存期限の手間から続けることが難しい場合もあるでしょう。ケルセチンは継続して摂取することが大切な栄養素です。便利なサプリメントの併用もおすすめします。サプリメントは富士フィルムのメタバリアスリムが良いです。

糖の吸収を抑えるメタバリアスリム

メーカー名/FUJIFILM 価格/4,441円(240粒入り/1日8粒推奨)
※初回限定 14日分540円 送料無料 

メタバリアスリム

>> メタバリアスリムの解説ページへ

糖の吸収をおさえる機能性が報告されている「サラシノール」を配合。おなかの調子を整え、脂肪の吸収をおだやかにする。

サラシノールはサラシアに含まれる天然植物由来の成分。サラシアはインドやスリランカでは奇跡の植物として、古くから健康維持のために愛飲されていた。富士フィルムはサラシアを含む食品の販売量とシェアが1位。

 

メタバリアスリムは毎日の食事を楽しみたい人や甘いものが好きな人、麺類など炭水化物に偏った食生活をしている人にオススメです。お試し価格の500円で試すことができるので、お試しパックでその効果を確認してみてください。

おすすめ2 玉ねぎ皮の乾燥粉末

玉ねぎの皮を乾燥させて粉末状にした製品があります。そのままお湯に溶かし、玉ねぎ皮茶として飲用したり、スープや味噌汁、カレーや煮物など、玉ねぎを使う料理に加えたりして気軽にケルセチンを取り入れることができます。

おすすめ3 タブレットタイプのサプリメント

錠剤やカプセル状になっているケルセチンサプリメントは、抗炎症作用を持つブロメラインと、粘膜増強作用を持つビタミンCが同時に配合されたものが多いようです。主に花粉症や皮膚炎の症状緩和を狙った配合と言えます。持ち運びが簡単で、場所を選ばずに摂取できるのが最大のメリットです。

おすすめ4 ケルセチン配合茶

メタボリックシンドローム対策の特定保健用食品として、ケルセチン配合のお茶が販売されています。お茶に含まれるカテキンは、ケルセチンと同じポリフェノールの一種で、脂肪の吸収を抑え排出を促す働きがあると考えられています。コンビニなどで気軽に買えることから、外食前の人や食べ過ぎが気になっている人に人気です。

4.ケルセチンのアレルギーへの効果

ケルセチンはヒスタミン生成の抑制効果を持っていることから、アレルギー症状の根本的な改善策として、欧米を中心に積極的な摂取が推奨されています。 ヒスタミンは体内で分泌され、アレルギー症状の原因となる物質です。通常であれば、有害な細菌やウィルスの侵入から身体を護るための免疫機構の一部です。

アレルギーとは、本来は無害なはずの物質にまで免疫機構が過敏に反応してしまうこと、それによってヒスタミンが大量に分泌され、様々な炎症を引き起こしている状態を指しています。

ケルセチンには、このヒスタミンの分泌を抑える効果があることが分かっています。 具体的には、「肥満細胞のレセプターが免疫抗体のグロブリンに対して反応を起こすしきい値を上げる作用」です。 アレルギーの原因物質に対して過剰に分泌された免疫抗体「グロブリン」が、肥満細胞のレセプターを刺激し、ヒスタミンが生成されます。

ケルセチンは、グロブリンと肥満細胞のレセプターが結合することを防止します。肥満細胞がグロブリンの刺激に反応しづらくなるため、体内でヒスタミンが作られにくくなります。ヒスタミンが作られにくい体質になることが、アレルギー症状の根本的な改善に繋がります。

ただし、ケルセチン摂取によるアレルギー改善効果の実感には時間を要します。肥満細胞のレセプターにケルセチンが十分作用するには、身体の内部的な代謝を待たなければならないためです。

アメリカの研究によると、半年〜2年間程度は継続的にケルセチンを摂取する必要があります。即効性は期待できませんが、日常のなかで摂取を続けることでアレルギー体質の改善が可能であることは、科学的にも臨床的にも証明されています。

5.ケルセチンのアトピーへの効果

ケルセチンは、アトピー性皮膚炎にも効果があると考えられています。アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の一種で、生活の不快感や美容上の理由から多くの人を悩ませています。ケルセチンの持つヒスタミンの抑制効果は、その他のアレルギー症状と同様にアトピー体質の改善にも貢献します。

また、ケルセチンの持つ抗酸化作用・抗炎症作用が、皮膚の炎症を軽減する効果も持っています。根本的な体質改善だけではなく、即効性のある緩和策としても、ケルセチンの摂取をおすすめします。

6.まとめ

主に玉ねぎから摂取できる栄養素「ケルセチン」の作用・副作用と注意点、効果的な摂取方法について解説しました。 ケルセチンは不足することによる問題も、過剰摂取による悪影響もほとんど心配のない安全な栄養素です。

少し意識して摂取を続けるだけでアレルギー体質や太り過ぎの対策になるため、食事やサプリメントで日常に取り入れてみてください。生活の質を上げ、毎日を快適に過ごす手助けになるでしょう。 この記事がその参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます