ツライ耳鳴りの原因と病名とは?耳鳴り解消のツボ6選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
shutterstock_291100835

はじめて耳鳴りを感じた時はいつでしょうか。人によってはキーン・ザー・ピーと、聞こえかたが違います。

  • 耳鳴りを常に感じるが気にしないようにしている
  • 耳鳴りと吐き気がセットである
  • 時たま耳鳴りに襲われる
  • 耳鳴りと頭痛がセットである
  • 耳鳴りがあることで生活に支障が出ている

耳鳴りは突然やってきて症状や影響は決して軽くはありません。人には話していないが密かに苦しんでいる人は意外に少なくありません。このページでは、耳鳴りの原因を具体的に解説・少しでも症状を軽くする手立てを紹介します。いつ襲われるかわからない不安から脱却するのには必要な知恵を持ち合わせておきましょう。

1.耳鳴りが起こる5つの原因

さて、耳鳴りに悩まされている方にとって、その原因を知っていくことが改善への第一歩。放っておくと病気に発展する不安もあるので、なぜ起こるのかをその原因をみていきましょう。

原因①|慢性不眠

眠りの質が悪かったり、睡眠時間が極端に少ない、眠りたくても眠れないといった慢性不眠は耳鳴りの原因になります。不眠症チェックリストを確認し、まずは現状の把握をしていきましょう。チェックが多い方は必ず睡眠に対する姿勢や考えを変えるのをすすめます。

  • 1ヶ月以上不眠している
  • 夜中に何度も目がさめる
  • 疲れやすい・体がだるい
  • 集中力・注意力が低下している
  • なにごとにもやる気がない
  • イライラしている
  • 眠りに対する心配や不満がある

睡眠障害・入眠障害に加え、日中の過度の眠気や集中力の低下などの問題が週3日以上、3ヶ月以上続いた場合を『慢性不眠』のラインです。1ヶ月以上続いた時点で医療機関を受診をしたほうがいいです。

nemurenai

特に真面目で心配性の人が慢性不眠になり耳鳴りにも苦しんでいるケースがあり、『今日もねれないのではないか』という緊張からさらに眠れない負のスパイラルに陥りやすいのです。

不眠をおこす体のメカニズム3つの症状

  1. リラックスモードの副交感神経に切り替わるはずの自律神経が、ずっと緊張モードの交感神経優位のままたもたれたれている。
  2. 強力な覚醒作用を持つストレスホルモンの分泌が高いまま
  3. 脳の温度を下げて眠りやすくするメラトニンの減少

原因②|リズム障害

夜型の生活パターンであったり、日々の生活リズムに規則的なリズムがない人に起こるのが『リズム障害』です。

リズム障害にみられるよくある例

深夜2時以降まで起きて活動しており、翌日は午後2時すぎに目覚める

精神医学の中では昼までごろごろ寝ていたりすることで朝日を浴びることがなくなり、体内時計のリセットが出来ない、夜型生活であることでメラトニン分泌が安定しない状態になり、集中力の欠落や気分がすっきりとしないといった精神的なアンバランスさも発生します。リズム障害を改善しないことで耳鳴りも発生、寝込んでしまいますます朝型の生活が遠のくひとは少なくありません。

朝の光が自然に目に入るように遮光カーテンは厳禁です。

原因③|ホルモンバランス崩れ

女性・男性ともに30代〜ホルモンは減少傾向になり50代を超えてくると更年期障害として本格化してくるホルモンバランスの崩れ。それにより『なんとなく不調』が発生しますが、その一つとして耳鳴りも訪れます。

『キーーーーン』といった耳鳴りが多く当てはまり、立ちくらみ・動悸・頭痛・息切れなんかも同時に起こるので、かなり厄介です。ホルモンバランスの崩れは年齢を重ねれば誰にでも起こることなので避けることが出来ません。この場合は専門の医師やポルモンバランスを整える内服薬などが便利です。

原因④|ストレス影響

胃がキリキリするほどストレス負荷を自覚している人もいれば、『ストレスなんてない』自覚症状がない方も耳鳴りの症状が出ることがあります。ストレスはホルモンバランスを崩し・不眠にもなりと耳鳴りで悩み方の根本的理由と言えます。ストレスを解消する習慣を見つけておく必要があります。

原因⑤|首こり・肩こり

肩がカチカチに硬くなっていたり、首がピキピキに張っていたり、すっきりしない状態が続いている場合、筋肉の硬直や血流の巡りが良くないことで引き起こっています。近年は、長時間同じ体勢での作業や、パソコン・スマートフォンの過剰な使用により、そこから耳鳴りを常習化させているのが原因です。

定期的にこりをほぐしたり合間にストレッチをいれたりと日々の習慣が大切になってきます。

2.耳鳴り解消のツボ6選

耳鳴りをふくみそこから発生する不調に効果を期待できる体の中のツボをご紹介。気がついた時や耳鳴りがなり出したら押して解消をしていきましょう。ゆっくり深呼吸しながら指圧すると、リラックス効果も見込めます。

《手のひら》中渚(ちゅうしょ)ツボ

C3E6BDEDB0CCC3D6

手の平にある中渚(ちゅうしょ)は耳なりに効くツボと知られており、体内の水の流れを良くして耳をスッキリさせると言われています。

場所 手を軽く握って、小指と薬指の間にできる窪み
押し方

 反対側の手の中指で、息を吐きながら軽く痛みを感じるくらい
2秒ほど押します。これを10回程度繰り返します。

《襟足》風池(ふうち)ツボ

201105130013282aa

頭痛・耳鳴り・視力回復・肩こり・自律神経失調症を緩和するツボと言われる風池(ふうち)。

場所 後頭部の首の付け根、後頭骨の下のくぼみから2~3cmほどの左右、
髪の生え際よりも少し上に位置します。
押し方

効果的な刺激の仕方は、約3秒押し続け、その後3秒離します。
これを数回繰り返すことによって、効果を得られます。

《頭頂部》百会(ひゃくえ)ツボ

03_illust

百会は、精神的なストレスを緩和する代表的なツボの一つです。

場所 頭のてっぺんと左右の耳を繋いだ線の延長上
に交わる部分に位置します。
押し方

指の腹で、百会に当てて下方に押せばOK

《耳の後ろ》完骨(かんこつ)ツボ

スクリーンショット 2016-07-28 13.54.46

頭痛・顔のむくみ・首のコリ・眼精疲労・めまい・耳鳴りに効果的なツボです。完骨への刺激は、首の痛みだけでなく、頭痛やむくみ防止などにもおすすめです。

場所 完骨(かんこつ)の位置は、両耳の後ろにある出っ張った骨
(乳様突起)の下端、後ろ側のくぼみ
押し方

親指の先をツボにあてて、ゆっくり体重をかけながら、
上に押し上げるように指圧しましょう。目安としては5秒間押し上げるのを
1セットとして、5~10セット行うことが効果的です。

《手首》神門(しんもん)ツボ

tubo4img1

不眠、ストレス、イライラ、不安による胸苦しさ、便秘、味覚症状、食べ過ぎ、耳鳴り、精神面をコントロールしてくれる頼りになるツボです。不安を多く抱えやすい場合にもこのツボを刺激するのがおすすめです。

場所

手の小指側のライン上に位置する手首のツボ
手首の横ジワ上の小指側寄りの位置します

押し方

親指でツボを指圧する

《足首》太谿(たいけい)ツボ

tubo_hie4

太谿のつぼは、足の裏の湧泉というつぼから湧き出たエネルギーが渓流の流れとなって注ぐという意味のあるつぼです。婦人科系の疾患、更年期障害に効果を発揮します。

場所

足の内くるぶしとアキレス腱との間のくぼみ

押し方

押すときは指の腹でゆっくり通してください。
ジーンとした痛みを感じるまで押し、離すときもゆっくりと離します。

3.耳鳴りを放っておくと懸念される病名

耳鳴りと頭痛がする場合の病気

normal

耳鳴りと頭痛を同時に感じた場合に関係する病名を参考にみましょう。

  • 高血圧
  • 顎関節症
  • 耳性帯状疱疹
  • 三叉神経痛
  • 耳管狭窄症
  • おたふくかぜ

高血圧で血液の流れが悪くなると血管が急激に拡張されるため、耳鳴りと頭痛が同時にともないます。血管内の血流が流れるときや、耳の周りの筋肉が収縮するときの雑音です。

耳鳴りととめまいがする場合

耳鳴りとめまいが同時にする場合は、以下のような病気がかんがえられる。

  • メニエール病
  • 外リンパ瘻
  • 脳腫瘍
耳鳴りとめまいを同時に感じた場合、こういった病気の可能性があるので、早めに専門の医師に相談するのが最善です。

耳鳴りのみの場合

ひたすら耳鳴りが治らないという場合は、

  • 聴神経腫瘍
  • 中耳炎

原因が不明な耳鳴に対しては決定的な治療法や特効薬がないため、「治す」よりも「馴れる(馴らす)」方向の治療になります。耳鳴りを悪化させない生活習慣などのアドバイスをもらえます。

4.耳鳴り検査をおこなう病院|耳鼻科・心療内科

耳鳴りがひどい時、病院は、症状だけでは耳鼻科。ストレスや睡眠障害の自覚がある場合は心療内科も検討してください。どちらも保険内の料金で検査や治療をうけることができます。

標準純音聴力検査 音の聞こえ方を調べる検査
耳鳴検査 耳鳴の音の大きさや高さを調べる検査
ティンパノメトリー 鼓膜や中耳の病気の有無を調べる検査
SISI 内耳の障害があるかどうかを調べる検査
ラウドバランス検査 耳鳴りの大きさを調べる検査
側頭骨CT検査 耳小骨という骨や内耳の形の異常の有無を調べる検査
頭部MRA  脳の血管の異常の有無を調べる検査

5.まとめ

耳鳴りは突然やってきて生活のさまたげになります。突然の耳鳴りにはツボで解消するのがとても効果的、呼吸をゆっくりおこなうのがおすすめです。耳鳴りは放っておけば治るわけではありません、生活習慣の改善や申告の場合は専門医師への相談をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSで簡単に健康元氣の情報を受け取ることが出来ます